数多くの売買物件情報が公開

3-07

物件を購入するエリア決めている場合、公開されている物件を見ることによってだいたいの相場と物件の傾向を知ることができます。であれば、誰もが思わしいと思うような優良物件は、自分の手のうちで売買を成立させたいと考えるのが当然のこととなり、優良物件の情報はレインズやインターネットに流れにくいということになります。

優良な物件であれば、不特定多数の人に情報を公開するまでもなく、買いたいという客がつく可能性が屹々からです。インターネットには数多くの売買物件情報が公開されています。

自宅にいながらにして物件情報を見ることができるので非常に便利です。ただ、そこに優良な物件が存在するかというと、なかなかそうとは言えない事情があります。

物件情報を公開して他の業者が購入客を見つけてきた場合、報酬としては売り方の手数料だけになってしまいます。売主から売買をまかされた不動産業者は、自分で購入客を見つければ、売り手数料と買い手数料の両方が入ります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る