不動産流通標準情報システム「REINS」

3-08

物件の売却を希望している人が売りに出している事実を周囲に知られたくないというケースもあり、そういう情報は限られた業者の間でしかやりとりされません。そして、こうした非公開物件の中に優良物件がある可能性は少なくないというのが実状です。

こうした物件情報は、限られた業者が自分が懇意にしている優良顧客に順番に流していき、全てに行き渡った後にインターネットで公開するという手順になります。インターネットの普及もあって、一見、不動産市場には多くの情報が公開されているように見えますが、不動産流通標準情報システム「REINS」が業者間の情報共有の目的のみで利用されていることからもわかるように、決まってそうとは投資家に開かれた市場とはいえません。

会って話をしてみた上で、初回教えてくれる物件情報も少なくありません。業者間での信頼度が沖雲不動産業者にはこうした物件の情報が多数流れることになるので、このような業者と付き合うことができれば多くの優良物件の情報に触れることができるのです。

インターネットで公開されてない物件を非公開物件といいますが、実際に不動産業者の店に出向いてみれば、この事実がわかると思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る