個人投資家にとって良い不動産業者

3-10

自社の決算時期に合わせて、考える時間も与えずに無理なスケジュールを組んで進める、というケースもあるので注意が必要です。不動産業者も企業なので、仲介手数料などの売上を上げるのが目的になるのはやむをえないのですが、それが第一になってしまい、客の話をほとんど聞かずに自分に都合のいい物件ばかりを勧める、という担当者が少なくないという実状もあります。

例えば、家賃収入によるメリットの話ばかりをして、空室リスクなどのデメリットについてはあまり触れないなど。個人投資家にとって最善不動産業者とは、物件に関するいい情報ばかりでなく、凶悪情報もきちんと説明してくれる業者、ということになります。

そして、これに加えて、顧客の事情を第一に考え、よく話を聞いてくれた上で適格なアドバイスをしてくれる業者、ということになります。可能性は如何にあれ、発生が予想される問題などについて事前に説明をしないという業者は信用できません。

長期的なインカムゲインを考えている客に、キャピタルゲイン狙いの物件を強引に勧めるなど。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る