建築基準法の耐震基準

3-01

旧耐震の建物でもシッカリしたものはたくさんありますし、逆に新耐震でも手抜き工事をされている可能性だってあります。具体的には、昭和56年6月1日以降に建築確認を受けた建物が、斬新耐震基準に適合する建物ということになります。

しかし、実際に建築工事に着工するのは建築確認を受けた後になりますので、工事期間を考えると、木造一戸建てで早々にても昭和56年10月以降くらいに完成した建物が、新耐震であると言えそうです。RC造やS造なら尚更工事期間は長くなりますので、昭和58年以降くらいに完成したものが新耐震であると考えられます。

実は、昭和56年6月に建築基準法の耐震基準が新しくなり、より峻烈耐震性能が求められるようになりました。築年数で気を付けるのが、昭和56年6月以降に建てられたものかどんなふうにかという点です。

ですから、完成時期で全てを判断することはできませんが、ひとつの目安して覚えておくと純良でしょう。これを新耐震と呼びます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る